指導対象となる生徒数

世の中には、中学受験の準備をサポートしてくれる塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスが存在します。それらのサービスを利用する際には、指導の対象となる生徒の人数をチェックすることが大切です。

例えば、個別指導塾や家庭教師、通信添削の場合、マンツーマンの環境で学習指導が行なわれます。それらのサービスでは、担当する生徒が一人だけなので、その子の学力や目標とするレベル、志望する学校などに合わせた学習プランの作成、実践が行ないやすいというメリットが存在します。また、先生と生徒が一対一の環境下に於いては、周りの生徒の視線や聞き耳を気にする必要がなく、質問や悩み相談、それらに対する回答や助言、アドバイスをしやすいという利点もあります。

ただし、マンツーマン指導の場合には、授業を一緒に受ける生徒がいないので、ライバル意識や助け合いの気持ちによって学習効果を高めることが難しくなります。そのような問題を解決するためには、集団指導塾の利用がおすすめです。こちらの教育サービスでは、複数の生徒が一斉に授業を受けることで、競争意識や相互扶助の精神が芽生え、点数を競ったり、問題の解き方を教え合ったりすることが可能となります。