公開企画の利用

この先、中学を受験しようと考えている生徒にとって、適切なタイミングで、自分の適性やニーズ、希望条件に合った志望校を決定することは大切な条件となります。そういった場面では、学校の教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、保護者によるサポートが大切な役割を果たします。

また、受験する中学校によって開催される、オープンスクールやオープンキャンパスと呼ばれるイベントに参加するのは良い方法です。受験生本人の参加も認められてはいるものの、主として、保護者を対象として実施される学校説明会とは異なり、オープンスクール(キャンパス)は、受験生の参加を前提として、さまざまな企画が用意されているという特徴があります。例えば、授業やクラブ活動、理科実験などへ、体験的に参加することで、受験生はその学校へ入った後、送ることになる学校生活を具体的にイメージすることができます。

また、その種の催しでは、在校生と受験生との触れ合いの場が、豊富に用意されています。自分と同じようにその学校を志望校として、受験準備を行ない、実際に入学試験を受けて合格した先輩との情報交換やコミュニケーションは、受験生にとって貴重な体験となります。