補欠合格の可能性

正規の合格者に選抜され、志望校への入学が認められれば、受験生にとってそれに越したことはありません。ただ、場合によっては、正規合格者の選抜には漏れたものの、後から繰り上がって合格となることがあります。そのようにして、合格することを「繰上げ合格」「補欠合格」と呼びます。

生徒を受け入れる中学校としては、定員に達する数の合格者を確保することが必要とされます。ただ、実際の入学試験に於いては、合格したものの、諸々の事情によって入学を辞退する生徒が存在します。そのような場合を想定して、受け入れ側の中学校では定員よりも多めに合格者を出しますが、それでも、予想を上回る入学辞退者が出た場合には、補欠合格者を出して、不足した合格者の数を補うこととなります。

正規合格者の発表に際して、補欠合格の候補者と、それぞれの繰上げ順位を発表する学校があります。したがって、そのような学校の入学試験を受験する場合には、正規合格者の選抜に漏れたからと言って、がっかりしてその場を後にするのではなく、補欠合格の候補となっていないか確認しておきましょう。そして、候補者に選ばれていた場合、その繰上げ順位が高いほど、合格する可能性が高まります。