負担の軽い受験

ひと言で受験と言っても、志望校の入学試験に合格を果たすべく、その準備をするためには多くのエネルギーや時間、コストを負担することが必要となります。そういった事情から、受験による負担をできるだけ軽くしたいと考える生徒や、その保護者は多く見受けられます。そうした願いを叶えるためには、中高一貫校を受験するという方法を選択することができます。

その種の学校では、その名の通り、中学・高校と一貫した教育体制が敷かれており、高校進学時には無試験、あるいはそれに近い形で併設・連携する学校へと進むことが可能です。つまり、中学受験をクリアすれば、その後は基本的に、エスカレーター式に高校へ進学することができ、高校を受験するための負担から解放されるというメリットがあります。

また、大学までの進学を視野に入れ、大学受験の負担からも解放されたいという受験生、保護者も存在します。そのような願いをかなえるには、大学の附属校となっている中高一貫校を受験することをおすすめします。中高一貫校には進学校・附属校の二種類が存在し、大学進学時、進学校では一般の入試を受けますが、附属校では併設・提携する学校へ優先的に進むことができます。