試験日の分散する現象

日本の首都圏に存在する、ミッション系の中学校を受験するという選択肢があります。そういったシーンでは、サンデーショックと呼ばれる現象の意味・用法について理解を深めておくことが大切です。ミッション系の学校では、宗教的行事のある日曜日を避けて試験日が設定されることから、併願日程の組み方などに大幅な影響が及ぶ現象のことを、サンデーショックと呼びます。

こちらの現象が起こることにより、試験日が分散して、併願の機会が増えることは間違いありません。そういった事情から、サンデーショックの発生する年には、合格の可能性が高まるのではないかという期待を持つ人も見受けられます。しかし、この現象が起こっても、定員数や試験の難易度などに変化が無い限り、合格率が高くなることはありませんので、気をつける必要があります。

ただ、サンデーショックが起こることで、併願日程の組み方や、受験準備の方法にそれなりの影響がもたらされるのは確かです。併願の機会が増える場合には、各学校の特色に応じて、広範なジャンルを包括した準備を進めることが大切になります。また、「ショック」という名前がついてはいますが、暦を調べれば、時間的余裕を持って対策を講じることが可能です。