競争率を知る方法

自分が志望する学校の入学試験の難易度をチェックしたり、合格する可能性を予想したりすることは、中学受験の準備を進める上で大切な意味合いを持ってきます。そのような場面では、「志願倍率」「応募倍率」「実質倍率」「実質競争率」といった言葉の意味・用法を正しく理解することが大切です。

その内、志願倍率、応募倍率は、いずれも願書を提出した人の数を、募集人員数で割ることで算出されます。受け入れ側の中学校で、前年と今年の出願者の動向を比較するために、この数値は役に立ちます。ただ、実際の入学試験では、出願はしたものの、諸事情によって受験しなかったり、合格者数が募集人員数を上回ったりするケースが見受けられます。また、一回の出願で、複数回に渡る受験が可能となるケースでは、試験回数が進行するにつれ、欠席者が多くなるという事例もあります。

それらの事情によって、志願倍率は、実質的な倍率(競争率)と必ずしも一致せず、受験生が、その学校の難易度を知ったり、合格率を予想したりするために利用するのには無理があります。その一方で、実質倍率、実質競争率は、受験者の数を合格者数で割った数値で、実質的な競争率を知るための目安となります。