推薦入試への挑戦

一般的な筆記試験のほかに、推薦入試を受けることによって、中学受験を突破するという選択肢もあります。一般入試では、志望校の合格ラインに達する実力がないものの、その学校で推薦入試が実施され、所定の条件を満たしている場合には、推薦入試で合格するという道もひらけます。

推薦入試の中で、自己推薦入試は、その名の通り、自分で自分を推薦するという方式の入学試験です。そして、英検や漢検で、特定の資格があれば、ほぼ無条件で合格するという自己推薦入試があります。そのような情報を入手して、国語・算数・理科・社会という四科目を勉強するよりも、一つの検定で所定の資格を取る準備をする方が楽だと短絡的に考え、安易に自己推薦入試にチャレンジしようとする人が見受けられます。

しかしながら、一科目だけの勉強をするのは、飽きが来るという問題が存在します。また、検定の資格は一科目だけとは言え、意外に難易度が高くなっているという問題点があります。それらの事情により、検定の準備がはかどらず、一般入試の準備もまともにしていなければ、どちらの試験にも不合格となるリスクが高まりますので、これから推薦入試にチャレンジしようという人は、注意する必要があります。