回し合格という制度

巷には、複数のコースやクラス、学科に分かれて実施される入学試験が存在します。その種の試験を受ける場合には、「回し合格」「廻し合格」「スライド合格」といった言葉の意味・使用方法に関する理解を深めておくことが大事になります。

こちらのシステムは、主に私立・公立の高等学校で導入されており、志望した特定のコースなどでは不合格であったものの、自動的に他のコースなどで合格になる仕組みです。多くの場合、上位から他のコースなどへスライドして、合格が認められますが、逆に一般から特進など、下位から上位のコースなどにスライド合格するという事例も存在します。

この制度は、複数の学科・コースがある私立学校の入試に於いては、かなりの確率で採用されています。また、公立校でも、総合選抜や第二志望以下の学科・コースを指定することが可能な場合、このシステムで合格する人が出ます。ただし、公立学校の場合、第一志望から第二志望のコースへスライドして合格になると、入学しなくてはいけないというケースがほとんどですので、気をつける必要があります。その一方で、私立校では、出願時に設定しておけば、特進コース以外を併願とすることが可能となります。