中高一貫校の受験

なかなか偏差値が伸びなくて、悩んでいる人は、中高一貫校を受験するという方法を選択することができます。そのような方法を実践した場合、とりあえず中学受験をクリアすれば、基本的に高校受験の負担からは解法されることとなります。中学の受験を控え、その準備を進める際には、志望する学校で中高一貫教育が実施されているか否かをチェックしておくことをおすすめします。

中学・高校で一貫した教育体制が敷かれている学校に於いて、外部から試験を受けて高等学校へ入学する生徒を「外進生」「高入生」「外部生」、附属中学校などから高校に進学する生徒を「内進生」「中入生」「内部生」といいます。昨今になって、外部生を募集せず、完全中高一貫教育を行なう学校が登場してきています。

また、中高一貫校に於いて、附属中学などから高校へ進学する生徒は、中学の内に高一程度の先取り学習をする場合が多く見受けられます。そういった事情から、外部生が募集される場合、高校入学の段階で、内部生と外部生の間に学習進度の大きな差がある事例が多く存在します。そうした問題を解決するために、内部生と外部生を、それぞれ別のクラスに編成するというケースが多いという現状があります。