願書を出す学校の数

志望する学校の合格ラインに、自分の偏差値が届いていないという問題を解決するには、その学校を専願で受験するという方法があります。専願の場合、併願による受験者よりも有利な条件で入学試験を受けることが可能となります。ただ、その一方で他の学校に願書を提出していないために、第一志望の学校の入試で不合格になると、行き場が無くなり浪人をするはめになり兼ねないので、注意する必要があります。

そのように、中学浪人となるリスクを減らしたいという場合には、併願で受験することをおすすめします。中学受験に於いて、併願戦略を立てる場合には、「チャレンジ校」「実力相応校」「安全校」といった学校を上手に組み合わせることが大事になります。

それらの中で、チャレンジ校を第一志望とすれば、その学校へ入りたいという強い気持ちによる受験準備や、本番の入学試験での高いパフォーマンスが期待されます。また、第一志望校を決定したら、少々のことでは変更しないことは、目的意識やモチベーションを高く維持するために役立ちます。そして、入試日程の中で、早いうちに安全校を受験し、合格しておけば、以後の試験に、気持ちの余裕を持って取り組むことができます。