足切り点って何?

合否の判定を行なう上では、全ての科目の合計得点を基準としている学校がほとんどです。ただ、入学試験を実施する上で、「足切り点」を設けているところも存在するので、注意する必要があります。足切り点とは、科目ごとに設定された基準点のことで、それを下回る点数の科目がひとつでもあると、全科目の合計点数が合格ラインに達していても、不合格となってしまいます。

足切り点は、各科目でバランス良く点数が取れているかどうかをチェックするために設定されています。したがって、その種の試験を受ける生徒の立場からすれば、苦手分野を克服しておくことが、足切りに引っ掛からないようにするための対策と言えます。中学受験を控え、その準備を進める生徒の中で、得意科目と苦手な科目との学力差が大きい人には、足切りに関する情報を収集した上で、志望校選びや受験勉強をすることをおすすめします。

そのように、足切りのある試験を受ける場合には、それなりの注意を払う必要がありますが、科目ごとに設定されている基準点は、決して高いものではありません。そういった事情から、全科目の合計点が合格ラインに達していながら、足切りによって不合格となるケースはほとんどないというのが実情です。