調査書などの提出

高校受験における内申書のような役割を果たす書類として、調査書の提出を求め、その内容を重要視して合否判定を行なう中学校が見受けられます。その種の学校を受験する場合には、合格ラインに達する学力を身につけ、本番の試験でその実力を遺憾なく発揮しても、調査書の内容によって不合格となる可能性があるので、気をつける必要があります。

調査書は、通い先の小学校の校長によって作成されます。また、調査書のほかに、通知書のコピーが求められる場合もあれば、通知書のコピーだけで良いという事例も存在します。調査書の作成には、ある程度の日数がかかります。したがって、中学受験に際して調査書の提出が必要な場合、その日数を踏まえた上で、出願までに間に合うよう、通い先の学校へ依頼しておく必要があります。

そのように、受験する中学校へと提出する通知書や調査書には、通い先の小学校における6年生の時の成績や、生活状況が記載されています。よって、該当する時期には、欠席や遅刻を減らすなどの努力をすることが大切です。また、受験勉強でストレスが溜まっているからと言って、通い先の学校でそれを発散すると、調査書の内容に悪影響を及ぼすリスクが生じてきます。