複数回の受験機会

目標とする偏差値レベルに達する学力を身につけることができず、悩んでいる人は、同じ学校の入学試験を、複数回に渡って受けるという選択肢があります。国立大の附属中学、難関上位私立中の中には、入学試験が一回だけというところが多い一方、他の学校では、複数回の受験機会を設けるケースが多くなってきています。また、昨今では午前・午後の二回にわたって試験を実施する学校が増え、受験機会の増加に拍車がかかっているという状況にあります。

そして、複数回の入試を受けた生徒に対して、優遇措置が設けられている学校が存在します。その種の措置が講じられる場合、事前に公表されるので、学校説明会で関連する情報をチェックしておくことが大切です。その際には、優遇措置の有無に加えて、ある場合にはどの程度の優遇なのかを確認しておくことをおすすめします。

そのように、複数回の受験者を対象とした優遇措置が無い場合、受験した回数に関係なく、各試験の得点で合否の判定がなされます。ただ、同じ学校の入試を、何度も受けていると、出題傾向や会場の雰囲気に慣れてきます。そういった事情から、受験回数が増えるにしたがって、試験の出来が良くなることが期待されます。