本人の自覚と心構え

通い先の学校教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、保護者など、中学受験を控え、その準備に精を出している生徒のまわりには、その受験準備をサポートするさまざまな人たちが存在します。そのように、周りの人に抱えている悩みを打ち明け、適切な助言やアドバイスを受けることによって、受験生は心おきなく勉学にいそしむことができます。したがって、中学受験の勉強をする上では、そうした周りの人たちに対する感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

ただ、周りの人たちのサポートがどんなに大きかったとしても、実際に受験勉強を行ない、入学試験を受けるのは自分自身で、誰かに代わってもらうという訳にはゆきません。言い換えれば、本人にやる気がない状態で、周りの人たちのサポートだけが先走っても、良い結果を得ることができないのは火を見るより明らかです。そういった事情を考慮に入れると、中学受験の準備を進める際には、本人の自覚や心構えが大切になります。とは言うものの、本人が、自分でやる気を引き出すことができない場合には、受験勉強をすることにどのような意味があるのかを本人に伝えるなど、周りの人たちのサポートが大切な役割を果たします。