入試以外に受ける試験

志望校の入学試験で高いパフォーマンスを発揮し、合格ラインに達する得点をあげることが、合格するための必要不可欠な条件となるのは言うまでもありません。ただ、受験生にとっては、本番の入学試験の前に、通い先の学校や塾などで行なわれる定期試験、模擬試験などを受ける機会が存在します。それらの試験の準備やアフターフォローの行ない方によって、受験準備の効率に違いが生じてくることとなります。

例えば、通い先の学校で実施される定期テストは、その結果が通知書、ひいては調査書の内容に影響を及ぼします。したがって、通知書や内申書の提出が求められる学校を受験する場合には、特に力を入れて定期試験対策の勉強をすることが大切になります。また、入学試験に模してつくられた試験を受け、その結果を研究すれば、自分の志望する学校を選んだり、志望校の合格率を予想したりすることができます。そして、定期試験や模擬試験が近づいてくると、その準備に、集中して勉強しようという気持ちが生まれます。そういった事情から、日常的な学習の中に、アクセントをつけて、マンネリ化するのを防ぐことが可能です。また、試験の結果から、自分の実力や新たな課題がわかります。